TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   美容に関するニュース  

紫外線防御のための正しいサングラス選び

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
紫外線防御のための正しいサングラス選び

この季節になると、サングラスをかける人が多いのではないでしょうか?サングラスは、オシャレだけでなく、紫外線を防止するツールとしても非常に役立ってくれる代物なので、スキンケア男子はこぞっておかけください。
しかし、どのようなサングラスでも良いのかと言われると、そうでもないご様子・・・。
以前にも、このことに関してはちょっと触れていたのですが、ニュースとしてあがっていたのでメモしておこうと思います。

間違った紫外線対策、サングラスは逆効果? TREND通信

眼の紫外線対策にサングラスをかけるという方は多いだろう。しかし、その認識自体に大きな落とし穴がある。

濃い色のサングラスをかけると、眼の瞳孔は、もっと光を入れようとして大きく開く。紫外線は顔とレンズの隙間からも入ってくるので、無防備かつ広く開いた瞳孔から、有害な紫外線が角膜や水晶体に侵入、逆効果を及ぼすケースがあるというのだ。

また、やっかいなことに、紫外線は角膜が炎症する原因にもなり、長年浴び続けることで水晶体が濁る白内障や黒目が白い膜で覆われる翼状片(よくじょうへん)を引き起こす。

TREND通信 2010年07月22日
http://news.livedoor.com/article/detail/4898216/

つまり、サングラスは、「色が薄いものを選べ」ということなんですね。真っ黒な怪しいヤツはダメですよ・・・と。
更に欲を言うと、(皮膚の薄い)目の周りも十分カバーできるくらいの、レンズの面積が広いものを選ぶと良いでしょう。

しかし、このニュースの本来の目的は、全文を読んでもらうとわかるのですが、アスタキサンチンという栄養素のプロモーションだったりしますw
アスタキサンチンねぇ...“余裕がある人”はお試しあれ。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。