TOP   スキンケアスケジュール  

真夏のスキンケア~脱ワセリン・脱保湿編~

真夏のスキンケア~脱ワセリン・脱保湿編~

もうすぐ梅雨も明けようとしています。ということでスキンケアのスケジュール改訂!
今回...いや、もうニキビ撲滅膿面日誌にて宣言して開始しているのですが、「角質培養」をより深化させて「脱ワセリン・脱保湿」を目指してがんばろうと思っています。つまるところ、冬場によく失敗してへこたれていた「肌断食」の再挑戦というわけです。

最終的な目標は、「保湿ケアをしなくてもニキビが出来ず、また角質の剥がれや肌荒れも起きない強靭な肌を手に入れること」なので、遅かれ早かれ、「脱ワセリン・脱保湿」という手法には挑戦しなければならないのです。
また、気温が高くなってきて、ワセリンでの保湿には限界があると感じたことも理由のひとつです。

では、「脱ワセリン・脱保湿」をどうやって進めるかということなんですけど、簡単に言ってしまえばほとんど何もしないのです。トラブル肌にとっては逆にそれが難しい!
ただ、あまり極端に変えることははしたくないのですよ。ゆるやかに完全なる「脱ワセリン・脱保湿」へと到達しようという考えでやっていきます。

今回は毎日使用するわけではありませんが、一応紹介しておこっかな?洗顔石けんに「サッポーピュアマイルドEXソープ」、保護剤に「白色ワセリン」もしくは「ホホバオイル」「乳液」を使用します。
日焼け止めは今回は使用しません。

洗顔

「脱ワセリン・脱保湿」をすると、乾燥や脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の影響によって落屑(らくせつ)・落鱗が大量発生します(しました)。

これからは分泌する皮脂による保湿によってそれらを押さえ込まなければならない(押さえ込むことなんか出来ないんですけどw)わけですから、なるべく皮脂を落とさないように心がけなければなりません。石けんによる洗顔はなるべく行わないことにしました。
石けん洗顔するのは、シャンプーした時とか髭を剃る時くらいですね。
朝夜とも、かなり温いお湯による洗顔が基本で、石けんを用いるのは3日に一度くらいということに決めました。
あと、クレンジング洗顔も当分は封印したいと思います。特別な時だけね。

シャンプー

角質培養を行っているような人はご存知かと思いますが、シャンプーって結構お肌に負担が大きい・・・。
この際だから、お湯によるシャンプー・略して「湯シャン」を徹底しようと思います。
まあ、洗浄剤を用いたシャンプーは一週間に一回でいいでしょう。そして、洗浄剤を用いたシャンプーの後は石けん洗顔をして合成界面活性剤の影響を取り除きます。

保護ケア

保護ケアは行わないことが基本ですが、絶対ではありません。
目の周辺は落屑・落鱗が目に入ってしまうこともありますので、ヤバイ場合は無理せず保湿ケアを行うことにします。

紫外線対策

日焼け止めによる紫外線対策は残念ながら行いません。洗浄を強化しなければならないようなことは極力却下の方向で。

生活習慣

バランスのよい食事は当然として、間食は控えめに。ビタミンB群の摂取を心がけるようにします。
んで、便秘の改善がかなり重要でしょうね。今まであまり重要視していなかったのですが、意外とこれは大事なこと。便の滞留は長くても三日が限度かな・・・今までの経験から言うと。それ以上は良くありません。

他、気をつけること

気にして触らないことです(昨日は触りまくったw)。あと、水に触れすぎないこと。
結構角質がふやけるんですよね~。お風呂に入るときは、顔に水分が付かないようにお湯に浸かった後、洗髪。洗顔です。

以上が「脱ワセリン・脱保湿プロジェクト」の手法です。
以前は肌断食でヤバくなるとすぐにへこたれていたのですが、今回は前と違って気温が高いわけですし、ニキビが出来にくくなっていることを考慮にいれて、それなりに辛抱しようと思っております。
汚肌写真館」とは別に、「脱ワセリン・脱保湿 観察日誌」のようなカテゴリーを設けて観察していこうと思いますので、汚肌フェチは楽しみに待っていなさい!



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment