TOP   男のための紫外線対策講座  

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

今日は「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」に関してです。どちらも紫外線をカットするための基剤です。男性にとっては馴染みの無いキーワードだと思います。
世に出回っている紫外線・UV対策化粧品には、どちらかが配合されているか、混合タイプか...ということになると思います。

紫外線・UV対策化粧品や日焼け止めを購入するとき、先日メモした 「SPF」と「PA」などといった指数を重要視すると思いますが、「紫外線散乱剤が配合されているか、紫外線吸収剤が配合されているか」という視点も結構重要になってきます。
その違いをメモしていこうと思います。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の紫外線防止メカニズム

これらは全く異なったメカニズムによって紫外線をカットします。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤の紫外線防止メカニズム

ちょっとわかりにくい絵で申し訳ない!
紫外線散乱剤というのは酸化チタンや酸化亜鉛などといった白色で非常に微細な金属の粒子のことなんです。
それらの金属粒子で肌を覆い、“物理的”に紫外線を反射もしくは散乱させることによって紫外線をカットします。(ノンケミカル

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤の紫外線防止メカニズム

一方、紫外線吸収剤の場合は、紫外線を吸収・それを熱エネルギーに変化させて放出するという“化学的”な方法を取ります。(ケミカル
紫外線吸収剤にはメキゾリルSX、オキシベンゾンといったものがあります。

以下に、これらの利点と欠点を整理しておきます。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の利点と欠点
利点欠点
紫外線散乱剤
  • 肌へ与えるダメージが小さい
  • 白浮きする
  • 微細粒子であるため、水や汗によってはがれやすい
  • また、持続効果の長い製品を作りにくい
  • 塗り方によっては効果にムラがでてくる
紫外線吸収剤
  • 加工しやすいため、様々なタイプの製品に応用できる(スプレータイプのものや防水機能を高めたものなど)
  • 紫外線防止効果が高い
  • 肌へ与えるダメージが大きい

紫外線吸収剤に関しては、テクノロジーの進化によって紫外線吸収剤が肌に触れないようカプセル化されたものなどが出ているらしく、肌への負担の面では若干の改善が見られているかもしれませんね。
一方、紫外線散乱剤に関しては、シクロメチコン・ジメチコンといった合成ポリマーの配合によって撥水性(はっすいせい:水を弾く作用)や肌への定着性を強化しているものもあります。

これらの利点や欠点を知った上で、ケースバイケースで使い分けることが重要になってきます。
肌への負担を考慮するなら紫外線散乱剤配合の製品(ノンケミカルと表示されていたりします)、レジャーを楽しむときなど長時間紫外線を浴びる可能性がある場合は紫外線吸収剤配合の製品...といった具合ですね☆

次は、紫外線・UV対策化粧品あれこれ。これが結構いろいろあるんです☆

関連するエントリー


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment