TOP   男のための紫外線対策講座  

紫外線・UV対策化粧品や日焼け止めの紫外線防御指数 「SPF」と「PA」について

紫外線・UV対策化粧品や日焼け止めの紫外線防御指数 「SPF」と「PA」について

夏に向けた紫外線集中講座二回目でゴザイマス。「いつからはじめたの?」というツッコミは無しでお願いします。だいたい、講座っていうほどご立派なことは語りませんからね~。“ワタクシも勉強しながら”いろいろな知識を習得していけたらなと思っております。

今日は日焼け止めに必ずといっていいほどついてくる、「SPF」と「PA」についてメモしていこうと思います。
これらはいったい何なんでしょうか?答えられますか?ワタクシ、ノヴィオはつい最近まで詳しくは知りませんでした(爆)。

SPF(Sun Protection Factor:UVB防御指数)

多分、購入の際に最も気にする値なのではないでしょうか?
この値が高いほど紫外線を防御する効果が高いと思っている方、それはちょっと違うんですね~。まあ僕も最初はそう信じてやまなかったわけですがw
これはUVBの防止効果を表す指数で、紫外線を浴び続けて皮膚が赤くなってくる(これを“サンバーン”と言います。昨日メモってますからね~復習復習♪)までの時間を何倍まで延長することが出来るか?ということなのです。

皮膚が赤くなるまでの時間というのは個人差がありますね。例えば、海水浴に行って20分足らずで肌が真っ赤に染まってくるアナタが「SPF 30」の日焼け止めを塗った場合、

 20×30=約600分(=約10時間)

そのような症状になる時間を延長できるというわけです。
「紫外線を防御する効果が高い」というのとはちょっとニュアンスが違うのです。

PA(Protection Grade of UVA:UVA防御指数)

一方コチラは、UVAの防止効果を表す指数となります。UVAは紫外線を浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色する“サンタン”という現象を引き起こします。シミだけでなくシワやたるみなどを引き起こすやっかいな存在です。
「PA+(効果がある)」、「PA++(かなり効果がある)」、「PA+++(非常に効果がある)」の三段階となっています。

SPFもPAも、理論値と現実的な効果は剥離していることを理解しておくべき

SPF値、PA表示ともに、高ければそれに比例して実際の効果が高くなると考えるのはやめておいたほうが良さそうです。
また、様々はシチュエーションによって、効果は変化します。

汗をかいた場合とかかない場合とでは全く違った効果になりますし、つけている時間によって効果が減少していくことは想像に難くありません。

SPF値が高いほど肌への負担は高い...かも?

これは、明日メモしようと思っている、日焼け止めの種類(紫外線散乱剤を配合しているか紫外線吸収剤を配合しているか)にも関連してくることです。
むやみに値が高い製品を長時間使用するよりも、低い製品をこまめに塗りなおしたりするほうが、結果的に効果が高く肌への負担が軽い済むかもしれません。

明日は「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」に関してメモする予定です。これが結構重要!

関連するエントリー


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment