紫外線

この季節にうってつけのネタとなります。「紫外線」です。
最近では男性でも紫外線を気にする人が多くなってきたのではないでしょうか。僕は、このブログをはじめてから気になって気になって・・・。最近あまりにも「紫外線!紫外線!」言うから、家族からかなりうざがられていますw

紫外線に関する知識を得ることは、スキンケア・アンチエイジングケアにとってかなり有益となりますので、ぜひこのエントリーは読んでいってほしいと思います。

紫外線の種類

ここではスキンケアに直結するUVAとUVBに関してメモしておこうと思います。他にもUVCやら遠紫外線がどうたらこうたら・・・いろいろありますが、専門家以外あまり役に立つ情報ではありませんから却下(爆)!

UVA(長波長紫外線)

皮膚の真皮層にまで到達し、組織(コラーゲンやエラスチン)を破壊し、シミやシワ、たるみといった肌の老化を徐々に進行させる。
紫外線を浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色する、“サンタン”という現象を引き起こす。
雲を通過するため、天候による増減はほぼ(?)なし。
ガラスを透過するため、部屋の中にいるからといって安心は出来ない。
UVAに関するまとめ

UVB(中波長紫外線)

皮膚の表皮層まで到達する。照射後短時間で皮膚が赤くなり、ヒリヒリとした痛みを感じたり水泡が出来たりする“サンバーン”という現象を引き起こす(一般的に言われている“日焼け”のことですね)。
雲を通過しにくい。(天候によって増減する)
ガラスを透過しにくい。(窓を閉め切った部屋の中に居ると安全)
UVBに関するまとめ

UVA、UVBに関して、あまり小難しい言葉を用いずに簡単にまとめるとこのような感じです。
UVBは肌が赤くなったりするなど反応として現れるためわかりやすく対策しやすいのですが、UVAはすぐに反応が現れず知らず知らずのうちに老化を進行させるのでタチが悪いのです。また、地上に到達しやすい、窓を透過するといった特徴もやっかいですね。

紫外線が引き起こす病気

紫外線は、シミやそばかす、シワ、たるみなどといった美容上のトラブルだけではなく、皮膚ガンや目から侵入して白内障などといった病の原因にもなります。

気になる発がん性に関してですが、今まではUVBのみが皮膚がんの原因となると言われていましたが、UVAもその可能性あり!らしいです。詳しくは「「日焼けマシン」の使用が発がんリスクを高めるって!?」に書き留めていたので、目を通してみてくださいね。

紫外線の量に関して

以前、「もはや男性も見過ごしてはならない!?様々なケースの紫外線量を知る」にて書き記しておいたのですが、もうちょっと端的にまとめてみますね。

  • 一日のうち10時から15時の間が多く、ピークとなるのは正午。
  • 紫外線の強さは、一年のうち夏至(6月21日頃)がピークとなるが、地上に到達する(我々に影響を与える)量が最も多いのは5月、そして4、6、7、8月も多い。(6月は梅雨のため、地上に到達する紫外線量が少なくなる)
  • 紫外線は反射するため、雪、水辺には注意が必要。(反射した紫外線を浴びるため)
  • 薄曇りの場合で快晴時の約80%~90%、曇りの場合で約60%、雨天の場合では約30%くらいにまで減少する。(UVAの量は天候にあまり関係ない)

紫外線は、肌の老化(光老化)の主原因となります。
各種紫外線の特性をよく知った上で、対策をすることが肌の老化を抑えることになります。
紫外線対策に関しては後日エントリーしたいと思います。

関連するエントリー


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment