TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   スキンケアTips  

洗顔における固形石けんの泡立て方法~圧縮スポンジ泡立て法~

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
洗顔における固形石けんの泡立て方法~圧縮スポンジ泡立て法~

洗顔の際、固形石けんを何で泡立てますか?泡立て用のネットですか?両手を擦り合わせて泡立てますか?
ノヴィオさんが今回 泡立てアイテムとしてオススメするのは「業務用の圧縮スポンジ」です。このブログでは一貫してコレです。コレ以外ありえない!
ホテルの備品として置いてあったのですが、洗顔の時になんとなくそのスポンジで泡立ててみると、コシの強さが絶妙で揉みやすい!そして質の高い泡が作れたのです。

このスポンジ、業務用なので業務用スーパーとかに売ってるかな?普通のスーパーとかでは売っていないと思います。見つからなければインターネットによる通信販売をご利用ください。 → ボディスポンジ FS 100個セット

まず、スポンジをぬるま湯で塗らします。そして水分を絞ります。
水分はかなりきつめに絞ってください。「もう出ない!」というくらい絞っても結構残っているものです。
足りないと感じれば、後で足すことも出来ますので、とりあえずココではかなりきつく絞っておきましょう。

固形石けんをスポンジで擦る

ここで注意したいのは、固形石けんは決して水で濡らさないということです。
石けんを必要以上に削り取らず、経済的で環境にも優しい!また保存にも良いですね。
そして、スポンジに擦り付けます。
利き手の反対の手の平にスポンジを置きます。そして利き手で固形石けんを持ってスポンジに擦り付けます。両面に往復10回程度ずつ擦れば十分だと思いますが、より泡の量を増やしたい場合は往復15回程度に増やせばよいと思います。お好みで調節してください。

固形石けんを水分で塗らしたまま保存するのは衛生上よくありませんし、またふやけてしまって固形石けんの減りが早くなります。

スポンジを揉んで泡立てる

利き手で揉みまくります!出来上がった泡を時々反対の手に移したり、それを再びスポンジの上に戻したりしながら泡立てます。

「なかなか泡立たないな」と思ったら、ぬるま湯を一滴二滴加えて揉みます。ココで大量の水を加えてしまうと緩い泡になってしまうため、注意が必要です。

「業務用の圧縮スポンジ」は、だいたい1~2週間くらいはもちます。あまり何度も使いすぎると、スポンジのコシが失われ、また所々が欠けてきたりします。
適当な所で新しいスポンジに変えてしまうのが、機能上・衛生上において適切だと思います。
また、洗顔だけでなくボディ洗浄ウェットシェービングに用いる泡を作る場合にも使ってください。

洗顔の鉄則は「洗顔に時間をかけるよりも泡立てに時間をかけるべし!」ですからね(勝手に決めたw)。いかに上手に泡立てて質の高い泡を作り出すかが至上命題。
今回紹介した「業務用の圧縮スポンジ」を用いて、充実した洗顔ライフをお送りください!

今回紹介した。「ボディスポンジ FS 100個セット」です。100個もあれば、かなりの期間使えますね!

※このエントリーは「スキンケアアイテム その1「業務用圧縮スポンジ」」にて書き記していたものを改訂して移動してきたエントリーです。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。