TOP   スキンケアコラム  

スキンケアに無頓着な人ほど肌が綺麗だという皮肉

スキンケアに無頓着な人ほど肌が綺麗だという皮肉

周りを見回してください。スキンケアに無頓着な人...つまり、特にこだわった洗顔方法を実践しているわけでもなく、特別な保湿・保護ケアも行わず、紫外線対策も行っていないような人ほど肌トラブルとは無縁のような気がしませんか?
しかし、若いうちから雑誌などを参考にして、様々なスキンケアを実践している自分は、現在多くの肌トラブルを抱え込んでいる...。この場末のブログに迷い込んだアナタも、この皮肉な現象に気付いているのでしょう?

今までいくつも存在していた別れ道で間違った選択をし、本来到達すべき枝とはかけ離れた場所にある、今にも崩れ落ちようとしている崖の先端でギリギリにバランスを取っている“潔癖症のアナタ”へ...(なんか一昔前のヴィジュアル系っぽいw)。
“潔癖症の僕”と“無頓着な彼”のスキンケアの違いを再確認しましょう。

洗顔

潔癖症の僕は、朝昼晩一日三回行います。洗顔料は男性用のモノで、スクラブ入りやメンソール配合のものを使い分けます。また、パッケージには「皮脂を取る」といった売り文句が踊っています。
無頓着な彼は、朝晩の二回、朝は面倒くさいので洗顔料さえ用いません。洗顔料は風呂場に転がっている固形石けんです。

保湿・保護

潔癖症の僕は、化粧水をたっぷりとつけます。しかし、男なので保湿クリームまでは塗りません。
無頓着な彼は、何もしません。

テカり

夏。Tゾーンは脂でテカっています。
潔癖症の僕は、あぶら取り紙で頻繁に脂を吸い取り、洗顔でもスクラブ入りの洗顔料を使用したり、二度洗顔したりします。
無頓着な彼は、まずあぶら取り紙を持っていません。洗顔も固形石けんでいつも通りバシャバシャするだけです。

肌荒れ

冬、肌荒れが生じたとします。
潔癖症の僕は、荒れた部分を気にするようになり、鏡を見ながらその部分を触ったり、普段よりも力を入れて洗顔したり、それでも落ちないときは指の腹で擦って落とそうとしたりします。
無頓着な彼は、「そのうち治るさ」と言って放置します。もしくは肌荒れに気付いていません。

毛穴の汚れ

毛穴にびっしりと汚れが詰まっているようです。
潔癖症の僕は、爪でつまんで引っこ抜いたり、毛穴すっきりパックで毛穴の汚れを根こそぎ取り除きます。洗顔もスクラブ入りの洗顔料を用います。いまいち取り除けていないと感じたならばもう一度洗顔します。
無頓着な彼は、まず毛穴に汚れがさほど詰まっていないのではないでしょうか?もし仮にビッシリと詰まっていても気にしません。毛穴すっきりパックを買うお金があったら、お酒とつまみを買ってきて晩酌するでしょう。

ニキビ

化膿ニキビが生じたとします。
潔癖症の僕は、気になって鏡とにらめっこ。指でつついたり、指でつまんで膿を押し出したりします。更に薬局でニキビ薬とニキビ用の洗顔料を買ってきて、それを用いてスキンケアを行います。洗顔もいつもより入念に行います。
無頓着な彼は、気にしません。放置しておきます。もしくは“ツバ”を付けておきます。

紫外線対策

潔癖症の僕は、紫外線は悪いものだと思い込み、完全防御しようと試みます。寒く曇りの日、わずか10~20分しか外出しないときでも日焼け止めを塗ります。
無頓着な彼は、夏のレジャーのときだけ日焼け止めを塗ります。 (紫外線対策に関しては“無頓着な彼”のやり方では足りない場合もあります)

どうでしたか?
ちなみに“潔癖症の僕”は一年以上前の僕(ノヴィオ)のことです。(一部最近のことも含まれるw)

これを読んで納得できる部分があったら、まず手始めに“無頓着な彼”の真似をしてみると良いと思います。
勿論、“無頓着な彼”の行為の全てが正しいとも限りません。そこは、アナタなりのアレンジを組み込むべきポイントです。
まだ崖が崩れ落ちていないなら道を戻り、別れ道で正しい道を選ぶことが出来るはずです。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment