TOP   美容に関するニュース  

「日焼けマシン」の使用が発がんリスクを高めるって!?

「日焼けマシン」の使用が発がんリスクを高めるって!?

日々スキンケアに余念の無い人々にとって、なかなか興味深い記事が発信されました。

「日焼けマシン、発がんリスク最高レベル」 WHO

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、日焼けサロンやスポーツジムで使われ、人工的に紫外線を出す「日焼けマシン」の使用は発がんリスクを確実に高めるとして、発がんリスク分類でもっとも危険性の高い「グループ1」に引き上げた。

IARCは、日焼けマシンと皮膚がん(メラノーマ)との関係を調べた19論文を分析。30歳未満で日焼けマシンを使った経験のある人は、使ったことのない人より75%もリスクが高いことがわかった。日焼けマシンの使用による、眼球の色素細胞にできるがんのリスクも高かった。

従来、紫外線のうちB紫外線(UVB)にだけ発がん性があると考えられていたが、A紫外線(UVA)もUVBと同じように発がん性があることもわかったという。地上に降り注ぐ紫外線の95%がUVAだ。

asahi.com 2009年7月30日
http://www.asahi.com/national/update/0730/TKY200907300398.html

少し調べてみると、2005年にはWHOから「18歳未満は(日焼けマシンを)絶対に使用してはいけない」と警告が出されているらしいです・・・。警告ですよ?

お肌に気を使っている人が日頃日焼けマシンを利用しているとはなかなか考えにくいので、日焼けマシンの利用云々についてはあまり関心がありませんが、注目すべきなのは「A紫外線(UVA)もUVBと同じように発がん性があることもわかった」ということですね。
UVAというのは、真皮層にまで到達し徐々に組織を破壊して老化を促進させる、スキンケアにとっては最もやっかいな存在。
しかもUVBと比べても量が多く、更にガラス窓などによって跳ね返されずに透過してしまうという曲者です。
そんなものの特徴に、更に「発がん性」という特徴が加わるなんて!

肌の色によって対紫外線事情は差がありますから(日本は欧米諸国と比べると皮膚がんの罹患率は低いらしい)、僕たちが今すぐワーキャー騒ぐようなことでは無いと思いますが、スキンケアを嗜む者としてはリスクは極力低減したいものですね。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment