TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   角質を保護するスキンケア  

白色ワセリンを用いた保湿・保護ケア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
  • 勉強になりました!

    初めまして。

    私も長年、乾燥肌に悩まされて来ました。さらに皮膚が弱いのか、刺激の強い化粧水を塗ると、たちまち肌荒れを引き起こしていました。

    そして最終的に白色ワセリンの使
    用にたどり着きました。
    お互いに戦っていきましょう!

  • Re: 勉強になりました!

    abcbさんへ

    コメントありがとうございます~☆

    >そして最終的に白色ワセリンの使
    >用にたどり着きました。

    白色ワセリンも使い方を間違えると毒になりますよ~。
    脂漏性皮膚炎を誘発する場合もありますので、慎重に使用してください。
    くれぐれもべったりたっぷり塗りなどなさらぬよう!

    頑張ってください!

白色ワセリンを用いた保湿・保護ケア

保湿クリームの代用として白色ワセリンを使用し始めてはや10日、その間に1日だけの肌断食をして肌のダメージレベルをあげてしまいましたが、どうにか持ち直してきました。
粉吹き、ひび割れともに以前と比べるとかなり改善しました。にきびは相変わらずですけど、にきびはこういう安定した状態を長期間保ってあげなければ撲滅することは出来ないでしょうね。

ここでは、ひどい乾燥肌・肌荒れ・粉吹き・ひび割れ・痒みに悩まされる方に(個人的に)オススメ(軽度でもオススメです)の「白色ワセリンを用いた保湿保護ケア」を紹介したいと思います。

白色ワセリンは、鉱物油。油分の塊のようなものでイメージ的にもとてもヘビーなので、敬遠する人も多いことでしょう。しかしその一方で、保護能力は高く、また保湿クリームのように合成界面活性剤による乳化なども行っていないのでそれに比べると随分と肌に優しいものだという利点もあります。

このケアは肌を過保護にするケアなので、ある程度症状が緩和されれば肌断食や30分間ノーケアトレーニングを計画的に取り入れ、白色ワセリンや保湿クリームを使わずしっとりとした状態を保てるような肌へと仕上げていかなければならないのですが、僕も今現在いろいろと試行錯誤中なのでココでは割愛させていただきます。

まず注意しておきたいこと。上記の症状、ひどい乾燥肌・肌荒れ・粉吹き・ひび割れ・痒みに悩まされる方は、この時期(秋~冬の乾燥した時期)は横道それずにひたすら保湿・保護ケアにいそしみなさい!むやみに保湿・保護レベルを落とさない方が良いと思います。以前の肌断食のエントリーをご覧ください。せっかく育て上げた肌も一気にボロボロになってしまいます(泣)。それは3日目くらいの様子を語っていますが、5日目くらいになるとよりヤバかったですねぇ~w
とにかく、痛みレベルの高い肌は、下手なことをするとすぐさま転落していきます。最初は過保護なくらいのケアを行い、少しでも角質が育つよう努力し続けなければなりません。肌断食などは、ある程度気温も湿度も上がってきた時期にがんばりましょう。僕はそのつもりで気の長くなるような年間計画を練っています。

ということで、白色ワセリンを用いた保湿・保護ケアは以下より。顔面のケアを中心に語っています。

肌の痛みがひどい場合は洗顔してすぐ、軽い場合は30分程度様子を見てから行うこと

洗顔後、肌が程よく保水されているうちに保湿・保護ケアすることが重要です。
肌の痛みがひどい場合はすぐに水分が逃げる逃げる!水分が逃げて固さを増した肌は皮脂詰まりを起こしやすくなり、にきびを多発させます。
(「油分を塗りつけることも毛穴を塞いでにきびの原因になるのでは?」と思う方も多いですが、適切にケアをし落とすことが出来れば極端に増えるということは無いと思います。もし、明らかに増えた場合は合う合わないの問題もありますので使用を中止しましょう。)

保水・保湿・・・化粧水はつけすぎずつけなさすぎず

この加減が結構難しい・・・。
肌が荒れている人は、それを鎮めるためにより多くの化粧水をつけがちですが、それはかえって乾燥を進行させるような気がします。これはあくまで個人的な意見ですが・・・。
白色ワセリンは保護能力が高いので、自然と出てくる汗などでも十分保水・保湿はできているのではないかと思います。
ただ、洗顔後はどうしても肌が安定していないので、白色ワセリンを塗りやすくするための下地を整える程度つけるのがポイントだと思います。質の良い、ちょっとお高めの美容液などを少量付けておくのもアリかもしれませんね。

塗るときのポイントは手の平を上手に使うこと

白色ワセリンは、保湿クリームなどと比べても固くて伸びも悪いため、取り扱いに手間がかかります。
下手をすると厚塗りしすぎて顔面ベタベタでテカテカ!ということにもなりかねません。
そうならないためにも、“手の平”を徹底的に活用するのです。

まず、人差し指に適量(適量というのが難しい・・・これはケアをしていくうちにコツをつかまなければなりません。米粒大~小豆より少し小さめくらいの量かな?)をすくい取ります。
それを反対側の手の平に置き、両手の平をしっかりとすり合わせます。体温と摩擦熱によって少し伸びがよくなります。この時、指の先までしっかりとなじませるのがコツです。そうすることによって、小鼻の際などの部分に適切な量を塗ることができます。
そして、手の平を肌に押し当て白色ワセリンを肌に密着させます。軽くふわっと肌に触れてからギュッと圧力を加えるような感じで押さえ、丁寧に時間をかけて行います。このときに、指も使って小鼻の周りにもある程度の量を密着させておきます。
カバーしきれていないと感じたならば、再びこの行為を繰り返して2度付け3度付けを行ってください。

頬やアゴなどは、シェービングによるダメージもあってか肌荒れがひどくなりがちなポイントなので、気持ち強めに保護してあげましょう。
小鼻の周りなどは、それでもカバーしきれない場合もあるので、白色ワセリンを指先に少量付けて指をすり合わせて伸ばし、指の腹を押さえるようにして密着させます。指先で塗り込みたいところですが、小鼻の周りは角栓や皮脂詰まりがピンピンと立っている部分なので、必要以上に取れてしまわないように、そこはグッと我慢して。

最後はくちびるのケア

白色ワセリンはリップスティックなどにも使われているので、そのまま白色ワセリンを塗ればよいのです。
保護効果は結構持続しますし、スキンケアをするときに塗っておくと便利です。
男性がリップスティックを取り出して塗り塗りしているという“ひ弱ぶりっ子”行為は見ていて美しいものではありません。(昔、こういう“ひ弱ぶりっ子”行為を良くしていたなぁ~今も時々するけど。てかほんとにひ弱なんだけど・痛)。

洗顔時間は気持ち長めで

白色ワセリンは落ちにくいものです。完全に洗い落とす必要はありませんが、かといって残り過ぎると酸化の影響などが心配されます。そのため洗顔は少し長めにすると良いでしょう。水だけ洗顔などはよしておいたほうが良いと思います。つけた量にもよりますが、一般的な荒い過ぎない時間と言われる20秒+10秒程度で良いと思います。保護能力が高く、半日経ってもそれなり肌に残留しているので、10秒程度伸ばしたところで洗い過ぎにはならないと思います。どうしても洗い過ぎが気になる、また洗った気がしないという方は合成界面活性剤を含まないクレンジングクリームなどである程度汚れを浮かしておいてから洗顔するなどといった工夫をしましょう。

(夜だけの使用に限定する)

白色ワセリンは油分たっぷりなのでどうしてもテカりますし、外出向きのアイテムではないことを心にとめておいてください。また、紫外線による油焼けも多少気になります(今ではほとんど気にしなくてもよい)から、日中は普通の保湿クリームを用いた方が無難だと思います。(普通の保湿クリームも油分は含まれるため、実際のところあまり違いは無いとは思いますが)。日焼け止めを塗って回避するという手はあります。休日の昼間など、外にあまり出ないような時は白色ワセリンでもOKだと思います。
しかし、これは特に守らなくても良いです。僕は日中もバリバリ使用しています!

白色ワセリンは全身に使えます

コストパフォーマンスに優れている白色ワセリン。この時期(秋~冬)、足や背中は肌トラブルが多く発生する場所です。「少し痒みが出てきたなぁ~」とか「肌がざらついてきたなぁ~」と感じたなら遠慮せずに広い範囲に塗って保護しましょう。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
  • 勉強になりました!

    初めまして。

    私も長年、乾燥肌に悩まされて来ました。さらに皮膚が弱いのか、刺激の強い化粧水を塗ると、たちまち肌荒れを引き起こしていました。

    そして最終的に白色ワセリンの使
    用にたどり着きました。
    お互いに戦っていきましょう!

  • Re: 勉強になりました!

    abcbさんへ

    コメントありがとうございます~☆

    >そして最終的に白色ワセリンの使
    >用にたどり着きました。

    白色ワセリンも使い方を間違えると毒になりますよ~。
    脂漏性皮膚炎を誘発する場合もありますので、慎重に使用してください。
    くれぐれもべったりたっぷり塗りなどなさらぬよう!

    頑張ってください!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。