TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   男のための紫外線対策講座  

出勤・帰宅の際の紫外線を甘く見るべからず!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
出勤・帰宅の際の紫外線を甘く見るべからず!

今回のエントリーは、ずばり「出勤・帰宅の際の紫外線対策をどのように行えばよいのか?」でございマス。
まず、妹の話で恐縮ですが、聞いてください。

妹は毎朝40分くらいかけて車を運転して出勤し、夕方も40分くらいかけて帰宅します。
これの意味するところ、わかります?
太陽光に対して直角に進行するため、出勤・帰宅、どちらも顔の同じ部分に紫外線が連続的に照射するのです。
ちなみに、妹は若干早く帰宅する(17時くらい)ので、春から夏にかけての季節だとまだまだ紫外線の影響下にある時間帯での帰宅となるわけです。
その結果「最近顔のコッチ側(紫外線が当たる側)だけシミが増えて困っとるんよぉ~」とのことです。
ファンデーションで紫外線はある程度ブロックしており、なおかつ下地用のUVクリームなどを塗っているであろう女性でもこのような肌トラブルに見舞われるのですよ!?
紫外線の破壊力、恐るべし!でしょ???

この話は、車移動(自転車やバイク、徒歩ならなおさら!)で片道30分以上を費やし、なおかつ太陽光に対して直角に進行している方はかなり気を留めておかなければならない話です。

朝、夕の出勤・帰宅時に降り注ぐ紫外線量は、昼間の最も多い時間帯と比べるとだいたい5分の1~6分の1程度でしょうか?これは気象庁による紫外線情報の解説ページの時間変化図を見てもらうとだいたいわかると思います。(季節や地域によって変動はあると思います。おおよそです。)
「なぁ~んだ、そんなに少ないんじゃあんまり気にする必要は無いのでは?」とお思いのアナタ、紫外線のダメージは時間によって積み重なっていくのです。
勿論、ある程度は修復されると思いますよ。しかし、修復されずに残ったダメージが積み重なっていくと・・・シワやシミとして肌表面に現れてくるのです。(これが俗に言う“光老化”と言われるものです)

先ほどの妹の通勤・帰宅を例にあげますと、だいたい車移動で行き帰り80分程度紫外線に晒されているわけですね。
つまり単純計算すると・・・
 80÷5=16分
 80÷6≒13.3分
真昼に15分程度の車移動で浴びた紫外線量に匹敵するとも考えられるのです。
これを毎日と考えると、結構な量になると思いませんか?
更に、車(もしくはバイクや自転車)を運転する場合はほぼ前方を向いているわけで、紫外線は連続して照射し、肌を強力に痛めていると考えるべきなのです。
更に更に言うと、肌の奥深く・真皮層まで届きシワやシミの原因となるUVAは、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているのです。車中にいても油断大敵です!

では、どうすれば良いのか?それに対する対策を挙げてみましょう。

  1. 車のガラスに紫外線対策を施す

    これは車移動する方のみに有用な手段です。
    フロントガラスにはほとんど紫外線カットガラスが使用されている(らしい)ので気にする必要はないと思いますが、一度は確認しておいたほうが良さそうです。
    そしてサイドガラスのほうはどうでしょう?もし、紫外線カットガラスが使用されていないのであれば、紫外線カットガラスに変更するだけの価値はあると思います。
    車・家の窓用紫外線カットスプレーなるものもあるみたいです。
    紫外線防止フィルムをサイドガラスに貼り付ける方法もあるようですが、安全上決してオススメはできません。

  2. 朝、30分早く出勤する

    冬場や雨の日はあまり効果がなさそうですが、春から夏にかけての晴天時は、これでも十分な対策となるでしょう。
    会社の上司にやる気を示す良いチャンスと考え、ポジティブシンキングで早起き出勤しちゃいましょ!かな~りイヤですけど。

  3. 顔の紫外線が当たる側に、日焼け止めを二度塗りする

    日焼け止めを連日塗ることはあまりオススメしませんが、塗る日は紫外線がよく照射する部分に二度塗りするくらいの勢いで気合を入れましょう。
    思い切って毎日ファンデーションを塗ることも考えるべきですが、これはまだ一般男性にとっては時期尚早かな?

  4. (日焼け止めを塗っている場合)帰宅したら即クレンジング!

    日焼け止めなどの油脂は、紫外線によって酸化が促進され、肌に酸化ダメージを与えることが考えられます。
    「紫外線は防いでくれたけど、今度は酸化ダメージを受けいた」なんて洒落にもなりません。帰宅後、即クレンジング!
    残業などで帰りが遅くなる場合などは、クレンジング剤を携帯し、職場でクレンジングを行うくらいの気合が必要です。

運転しているときに紫外線のことを考えて、あたふたと手で遮ったりするのは安全上問題有りです。(ちょっと経験有りw)
また、帽子を深くかぶるなども安全とはいえないので避けましょう。(これも経験有りw)
紫外線のことが気になり始めたら、素直に上で示した方策(特に1や3)を取るべきです。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。