TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   身近な皮膚(肌)の病気  

貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)

聞きなれない皮膚病・貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)についてメモ。
冬場、えらい背中がかゆかったのです。以前、アトピーでダメージを受けた部分が乾燥・冷気で刺激されて痒くなったのかな~と思って鏡で確認してみると、
くっきりと輪郭がわかるくらいの円形範囲内に炎症と落屑(皮むけ・角質剥がれ)が生じていたのです。
今思えば、それが貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)だったのかな~と思ってみたり。
ちなみに、背中に多く生じており、次に両足のひざの内側寄りの部分。あたたかくなった今でも黒ずんでいます(泣)。
貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)は痕が残りやすいのかも...。

貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)とは、その名の通り貨幣状(円形)の湿疹です。大きさは10円玉大のものから大きいもので5cmを超えるものまであるらしいです。
先ほども書きましたが、輪郭がはっきりとわかるようです。

貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)の原因は、他の皮膚病と同様いまいちよくわかっていないのが実情のよう。
ただ、乾燥した時期によく現れるらしい。そこはすごく納得できるポイント。
僕も、冬場に症状がひどかったから。

症状は、赤い炎症・湿疹、水泡・びらん、そしてかさぶた状の落屑などといったところ。
痒みは結構強いと思います。

貨幣状湿疹(貨幣状皮膚炎)は、とにかく患部をかかない触らない!そして、症状を拡げないことが重要らしい。
僕も、輪郭がはっきりわかるくらいの痕が出来てしまっているので、これは絶対だと思います。

輪郭がはっきりわかる湿疹・炎症・痒みのある部分を見つけたら、迷わず皮膚科に!



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。