TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   男も知っておきたいスキンケア用語  

油焼け・化粧焼け

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
油焼け・化粧焼け

昔、(白色)ワセリン(鉱物油・ミネラルオイル)を使用することによって引き起こされたトラブルです。

かつて石油の精製技術は未熟であり、ワセリン内に不純物が残留することが多かったようです。
ワセリンを肌に塗って太陽光(紫外線)を浴びると、その中に含まれていた不純物が酸化し、皮膚に黒ずみやシミなどのトラブルを招くことがあり、それを“油焼け”と呼んでいたようです。

不純物を多く含んだワセリンを基材として利用した化粧品もまた同様のトラブルを引き起こす可能性があり、その場合は“化粧焼け”と言っていたもよう。同義ですね。

この問題はワセリンに限ったことではなく(この問題は現在ではほぼクリアされている)、酸化しやすい植物油などでも起こりうる問題であるということをお忘れなく。

近年もてはやされている無添加・自然派を謳う化粧品にこそ、油焼け・化粧焼け のリスクが潜んでいるかもしれませんよ?注意してください。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。