TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   スキンケアTips  

肌状態に直結する4つの気をつけるべき悪しき振る舞いと癖

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
肌状態に直結する4つの気をつけるべき悪しき振る舞いと癖

肌を健やかな状態に保つのは洗顔や保湿ケア、食事管理、サプリメント類だけではないと思います。
日々の振る舞いや癖なども、知らず知らずのうちに肌を固くし、シワを作り、その他もろもろのトラブルを作り出している可能性があります。
自戒も込めていくつかピックアップしていこうと思います。

その前にまず、「繰り返し刺激が肌の状態を悪くする」ということをよく頭に叩き込んでおきましょう。
例えば皮膚ガンなども慢性的な刺激・繰り返しの刺激が要因のひとつとなっていると言われています。
スキンケア上重要な紫外線、これは日中外にいると常に肌に降り注ぎ肌を刺激して傷つけ、皮膚がんの主な原因となっていることは誰でも知っていること。
悪性度の高い腫瘍である「メラノーマ」。これは、歩くことによって絶えず刺激を受ける足の裏に多く発生するらしいことを知っていますか?(かなり稀な病気なのでほとんど気にする必要はないのですが、極端な例としてあげておきます)
歩くことや紫外線を浴びることは日常生活を送る上で(多少低減することはできても)避けることはできないので仕方ありません。
しかし、悪しき振る舞いや癖による繰り返し刺激は、努力することによってかなり低減することができます。

舌なめずりをする

実は僕、昔X JAPANがすごく好き(今でもヴィジュアル系とか好きな痛い三十路なんですw)でして、そのリーダーであるYOSHIKIがカメラの前で頻繁に舌なめずりをしていたわけです。
あんなお姫様のような格好をしながらお下品な舌なめずりをペロペロ行う様子が、僕の捻じ曲がった美意識を刺激したのでしょうね。
「舌なめずり=カッコイイ」という図式が僕の頭の中で成り立ってしまって、意識せずとも舌を出して口角ペロペロ、上唇ペロペロ・・・。痛過ぎな部分を晒してしまいました・・・(汗)。
でも、こういうのって癖になってしまうとなかなか直らなくって、真冬の乾燥しまくりの時期などは口角が荒れて割れて痛い痛い!唇が荒れると、更に唾液で潤そうとして舌なめずりするので更に悪化し、かさかさになってしまいます。
肌(色は違っても唇も皮膚の一部ですよ!)を水や唾液で濡らしっぱなしにして乾燥させるという行為は、肌にとっては自殺行為に等しいのです。水分で柔らかくなった皮膚から余分に水分を奪って、より乾燥を進行させるのでしょうね。
ピロピロと剥がれかけた皮を前歯や爪で挟んで剥ぎ取ったりすることも厳禁!

ひじをつく

ひじやひざなどの関節部分がなぜ硬くて黒ずんでいるのか?
それは、元々硬い部分であるということもありますが、歩いたりすることによって衣服と擦れるなど、刺激を受ける機会が多いからです。
他にも正座するときにひざをついたりしますよね?ひじ・ひざは刺激がいっぱい!
“ペンだこ”などというのも同じ原理です。
普段パソコンを使う機会が多い方、マウスを使う手の手首のテーブル面と頻繁に擦れている部分の肌理がなくなってツルツルになったり、変色したりしていませんか?
歩くことや仕事でそうなるのはどうしようもないことです。生きていくために必要なことですから。
しかし、頻繁にひじをついたりしていませんか?これも肌を硬化・黒ずませるには十分な要因となりますヨ。
見た目も悪いこのような悪しき習慣を見直すだけでも、ほら、あなたのひじの硬さや黒ずみが薄らいでいく・・・。

コンプレックスを気にしすぎ、触る

僕は鼻がでかくて、それがコンプレックスでよく鏡の前でおまじないをしていました。汚れた指先で小鼻を摘みながら「鼻よ、小さくなぁれ♪」ってねw
もう癖になっているのでしょうね。本格的にスキンケアをし始めてからも、鏡を見ていなくても無意識に鼻に触れてしまうことが度々あります。
その結果、鼻が小さくなったって?まさか!大きさはわかりませんが、若干歪んでいるような気が・・・。
そして触りすぎによって皮は厚くなり、毛穴パックリ黒ずみまくり。にきびも、同じ箇所に癖のように出来るし、良いことは全くありません!
ここを見ている方で鼻がでかくて悩んで日々鏡に向かって僕と同じように“おまじない”している方、今すぐその行為をやめなさい!若ければ若いほど、取り返しがつきます。
鼻だけではありませんよ。目の周りの悩みはもっと気をつけるべきです。目の周りは皮膚が特に薄く、ダメージを受けやすい部分
「目よ、大きくなぁれ♪」と言いながら、上まぶたと下まぶたを親指と人差し指で巧みに押し広げたりしないように!

表情

表情シワってあるじゃないですか?例えば笑顔が素敵な人とかは若くても目尻にシワがあったりします。
そういうシワはその人の“人となり”を表すもので、気にする必要性は全くなく、むしろ誇りに思ってもいいくらい。
ただ、眉間のシワは要注意!
僕のように、人前ではあまり感情をあらわにせず、隠れて左上唇をヒクヒクと吊り上げながら憎悪にまみれた醜い表情をしたりする腹黒な人間は眉間のシワが徐々にひどくなってきます
“人となり”が肌に着実に積み重なっていき、シワに刻まれていくのです。長く生きていればいるほど、それは顕著に現れるでしょう。
人の人間性を知りたい場合は、“表情シワ”を見よ!
そういえば、よく母親に注意されました。「あんた、そんな顔してたらシワになるわよ?」ってね。
その通り!母親の言うことは偉大です。長年にわたって習得した経験則を伝えてくれたりしますから、母親の言うことは反抗せず素直に聞いておきなさい!



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。