TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   季節ごとのスキンケア  

冬の寒く乾燥した時期のスキンケアまとめ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
冬の寒く乾燥した時期のスキンケアまとめ

今日の昼時とか「ほんとに冬?」と思うくらいポカポカ陽気でしたね~。小鼻の毛穴に皮脂が水溜りならぬ“脂溜まり”を起こしていました・・・。
しかし、空気は乾燥していますし風が強い日も多いので、お肌にとって厳しい季節に変わりありません。

これからどんどん寒くなっていくことが予想される(?)ので、この機会に冬の寒く乾燥した時期のスキンケアのまとめを行っておきたいと思います。
まずは「男のための肌荒れ講座」「冬、乾燥からくる肌・皮膚の痒み(かゆみ)対策」でお勉強!

冬のフェイスケアは、保湿は化粧水を使わず、保湿クリームor乳液のみで保護!

ためしてガッテン流w
肌が荒れているとどうしても化粧水を使いたくなると思いますが、あまり意味が無いというのが個人的な感想です。
「ためしてガッテン」に出演していた先生が、「水で塗らした雑誌を乾かすと・・・」という例えを出していましたが、あれは的確な例え!
化粧水をたっぷり塗ると、それが蒸発するときに角質層に保持されているの水分も余分にもっていき、剥がれかけている角質を余計に固くカピカピにさせるような気がします。
そして、それを改善させようとまた化粧水をたっぷり使って・・・という堂々巡りになってしまうのですね。
病的な肌荒れではなく季節性のものであれば、ちゃんと保護さえしてあげれば自然と治癒していくものなので、あまり焦らず対処しましょう。
(肌荒れがあまりにもひどい場合は、それを落ち着かせる程度化粧水を塗るのはしょうがないと思います。)

冬のボディケアは手洗いが基本。湯船の温度は気持ち温めに。痒みがある部分は保護を!

ボディータオルを使って体を洗っている人は要注意。洗いにくい背中以外は、基本的には手を使ってたっぷりの泡で洗浄しましょう。そして、流しは温めのお湯で。
湯船に浸かる場合は、お湯の温度に注意しましょう。熱いお湯は、皮脂をとかしてしまい肌の乾燥を促進してしまいます。

参考:冬から初春にかけてのボディケア

男と言えども、かかとケアも忘れずに!

かかとは角質層が分厚いので、他の部分とは違って余計な角質を取り除いてケアするということが重要になってきます。

参考:かかと部分の乾燥・硬化・ひび割れといったトラブルケア

みっともないカサカサのくちびるのケア

皮がめくれた部分は前歯で噛み切ろうとせず、眉毛切りバサミなどで丁寧に切り取り、白色ワセリンなどで保護しておきましょう。(塗りすぎ注意!余分な油分はティッシュでオフ!)
根本的に改善するためには、やはり“舌なめずり”をするなどといった悪しきマナーを改善しなければなりませんよ???

参考:唇(くちびる)の乾燥、ひび割れの原因と唇ケア方法



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。