TOP   男のための肌荒れ講座  

肌荒れ対策(肌荒れの予防法や治療法・処置法に関して)

肌荒れ対策(肌荒れの予防法や治療法・処置法に関して)

肌荒れには大きく分けて「外的な要因による肌荒れ」と「内的な要因による肌荒れ」があることは前回までにメモしました。それらの中にも、乾燥だったり便秘だったりといろいろな原因があることもメモしました。

今回は、肌荒れ対策(予防法や治療法・処置法)に関して簡単にメモっていこうと思います。
と言っても、非常に一般的なことです。特別なことはありません。でも、特別ではなくても重要なことかもしれない...。

肌荒れの予防法

予防できるならそれにこしたことはないわけで...。
まず、空気が乾燥している季節であれば、加湿器を設置することを検討しましょう。乾燥性の肌荒れ対策にはこれが一番!
ついでに、空気の乾燥を招くエアコンの利用を最低限に留めましょう。

二つ目に、洗顔のしすぎに注意しましょう。
特に空気が乾燥している季節は要注意です。

三つ目。食習慣を正すことは、肌荒れに限らず全ての健康問題にとって基本中の基本です!
肌荒れに効く食べ物...例えば、ビタミン類や良質のたんぱく質を多く含む食物(大豆や緑黄色野菜・果物、ささみ肉、マグロなど海産物かな?あまり詳しくないので自分で調べて!)、便秘に対して効果がある食物繊維などを日頃から多く摂取することが重要だと思います。
満遍なく様々な栄養素を摂取することが重要なんですけどね☆

四つ目。生活習慣に関して言えば、「聖人のような生活習慣を!」と言うつもりはありませんが、世間一般的に言われている“良い習慣”に近付けるよう努力はすべきです。早寝早起き、三食きちんととる、適度な運動などですね。
そして、お肌にとってのゴールデンタイムって知っています?お肌のゴールデンタイムは一般的に22時から2時と言われているのですが、その時間帯にたっぷりと肌を休ませること!
22時までにお風呂を済ませ、その後はゆっくりと過ごしたり24時には就寝したいですよね。

肌荒れの治療法・処置法

だいだいのブログやサイトでは「保湿や保護ケアを強化する」と書いてあると思います。
ちょっとした肌荒れに関しては、意外かもしれませんが“しばらく静観する”というのもひとつの手です。まあ、汚肌キングのノヴィオが経験から導き出したことですから、“それなりに”信憑性有りですw
ただ、それには条件がありまして、①肌荒れ部分に触れない(コレは特に守ってほしい!)、②洗顔のレベルを下げる(洗顔時間を短くする等)、これらを守らなければなりません。
(ただ、極端な乾燥肌の場合はこの限りではありません!)

男性の場合は皮脂の分泌量が多いですから、「ちょっと肌が荒れてるな~」と思っていても半日もすれば溢れ出した皮脂によって落ち着いている場合が多いです。

肌荒れの範囲が広い、ちょっと状態が良くない場合に、化粧水や乳液・保湿クリームといったアイテムを用います。
この場合、あくまで肌の治癒能力の手助けをすることが目的なので、過剰につけたりする必要はありません。患部の荒れが落ち着くくらいでOKです。
化粧水や乳液・保湿クリームといったアイテムが手元に無ければ、薬局で白色ワセリン」を購入し、薄く患部に伸ばしてから余分な油分をティッシュでオフしましょう。
化粧品は肌に合う合わないがあるので、短期間使うだけであれば「白色ワセリン」は費用対効果も高くて良い選択です。

前者の「静観する」という対処法は意外?
人間の体には傷んだ箇所を修復する能力が備わっているので、症状が軽い場合などは何もせず治癒を待つということもアリです。
気にして触ったり、汚いからといってこそげ落としたりすることが最も悪い対処法です。絶対にしないように!

まとめると、普段から肌荒れにならないように環境を整え、生活態度を改めること!そして、もし肌荒れになったら自分に合った治療法・処置法を見つけること!
ここに書いてあることは一般論であり、全ての人に合うとは限りませんから、参考にしつつ自分なりのスキンケアを模索することが重要です。
そして、状態がひどくなったら、無理せずに皮膚科を受診すること。素人の治療法・処置法では対処できないような場合もありますからね。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment