TOP   スポンサー広告  

スポンサーサイト

TOP   男のための肌荒れ講座  

外的な要因による肌荒れ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    
外的な要因による肌荒れ

これからの季節を彩る肌トラブルといえば...肌荒れ以外考えられないっ!
正直、今現在(2010年10月14日)秋とは思えない暑さで肌荒れの“は”の字も出てこないような状況(僕は年中荒れまくっていますw)でありますが、やはりこれからの時期悩まされることも多くなると思うので、今のうちにいろいろとメモしておこうと思います。

今回は、「外的な要因による肌荒れ」に関してメモしていこうと思います。

乾燥が原因で起こる肌荒れ

多分、これが最もオーソドックスな要因だと思います。
冬の乾燥した時期や、温度差が激しくなる季節の変わり目などによくなりますよね?
現代社会においては気候による影響だけではありません。暖房・冷房のつけっぱなし!これらは結構馬鹿にできないくらいに空気が乾燥します。
加湿器を設置するなどして、空気の乾燥に対処しましょう。

人間の肌は、皮脂と角質層によって守られています。
角質層には水分を保持する能力(保湿・保水能)があり、皮脂によってコーティングすることによってそこから水分が蒸発することを防いでいます。
強烈な乾燥などによりそのバランスが崩れてしまうとどうなるでしょう?ひからびた大地のような状況に陥ってしまうことは明白ですよね?その状態に陥っていることが“肌荒れ”なのです。

化粧品が原因で起こる肌荒れ

これは、「接触性皮膚炎」と考えるべきでしょうか。
肌に合わない化粧品を使った場合などに肌の過敏性が増し、炎症を起こしたり肌荒れを起こすことです。
この場合、肌に合わない化粧品を使い続けることは状態をより悪くするだけです。今すぐに肌に合わない化粧品を使い続けることをやめ、何もしない、もしくは必要最低限のスキンケアに留める努力をするべきかと思います。あまりにひどい場合は皮膚科で診てもらいましょう。
(ほとんど考慮しなくてもいいことですが、ファンデーションをパフで塗る場合にも些細な角質の傷みは生じます。でも、こんなことまで気にするのはちょっと馬鹿馬鹿しいですよね)

シェービングが原因で起こる肌荒れ

男性にとっては非常に重要かと思われます。俗に言う“カミソリ負け”という症状です。
カミソリの刃の切れ味が悪い場合などには要注意です。
シェービングによって引き起こされた肌荒れの場合は、ある程度時間が経てば皮脂の分泌などによって落ち着いてくる場合がほとんどですので、アフターケアに関してはそこまで気を使う必要はないと思います。
ただ範囲が広いので、気になる場合は少量の化粧水と乳液や保湿クリームなどを使って落ち着かせるのが良いと思います。
肌に負担をかけにくいシェービング方法を模索しましょう。

その他

痒いからといって肌をかきむしったりしているとたやすく角質が乱れます。
そして、意外と見過ごせないのが紫外線の影響です。紫外線は、それだけで肌に寛大なダメージを与えるだけでなく、皮脂を酸化させることによって肌にダメージを与えたりします。
日焼けで皮がむける...といった症状は、行き過ぎた肌荒れととることも出来るような出来ないような?大なり小なりダメージを受けていることにはかわりありません。
紫外線による肌荒れは、少し話が大き過ぎる感じもしますので、ココでは割愛させていただきます。
男のための紫外線対策講座」で勉強しましょう。

いろいろな肌荒れの要因をチェックしておき、リスクを回避すべく日頃から注意しておくことが大切です。



人気ブログランキングへ fc2ブログランキング にほんブログ村 美容ブログへ
Comment

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。