TOP  

2011年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ら鼻の写真

あたたかくなってくると、皮脂の分泌が活発になるでしょう?そして、皮脂の分泌が活発になると、炎症を起こしやすくなるでしょう?
というわけで、ノヴィオさん赤ら鼻になっちゃいました~☆てか、鼻に限らずですけど、だいたいどこかしら炎症を起こしていますが、今日はちょっと範囲が広かったのでパチリと写真を撮っておきました~。

スポンサーサイト

鼻の毛穴からアブラ(皮脂)が溢れる溢れる!

春を感じました。春の香りがしました。
昨日に引き続き、今日も日中はかなり春めいた気温になりまして、お肌の緊張も解けたのではないでしょうか?
ノヴィオさんの場合、毛穴の緊張も解けてしまったようで、ちょっと油断していると毛穴からアブラ(皮脂)が溢れ出るわ溢れ出るわ!
早速、先日購入した高級おティッシュ・スコッティ カシミヤでオフしておきましたけど...これからは、ますます手放せなくなることでしょう。
というわけで、鼻の毛穴からアブラ(皮脂)が溢れ出ている様子をパチリ☆しておきました!

UVB(紫外線B波)

UVB(別名 中波長紫外線)は、照射後短時間で皮膚が赤くなり、ヒリヒリとした痛みを感じたり水泡が出来たりする“サンバーン”という現象を引き起こします。
海水浴などの後に皮膚が真っ赤に炎症を起こすのは、UVBの影響なんですね。
皮膚が真っ赤になるのは、UVBが表皮層を通過して毛細血管を刺激し充血、結果 炎症反応として現れたものです。

UVA(紫外線A波)

UVA(別名 長波長紫外線)は、浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色する“サンタン”という現象を引き起こします。
UVAが皮膚の真皮層にまで到達して組織(コラーゲンやエラスチン)の変性・破壊を促し、シミやシワ・たるみといった肌の老化を長時間かけて“徐々に”進行させます。

角質培養の方法

以前、「角質培養(垢ため)」のエントリーに記してあった角質培養の方法...というか流儀について書いてあった部分を独立させてみました。
角質培養の基本は、角質にダメージを与えるようなスキンケア方法を取らないこと。なので、おのずと角質培養に適したスキンケア方法は絞られてくると思います。
自己流な部分もありますが、参考にしてみてください。そして、自分なりにアレンジを加えてみてください。

角栓

この毛穴の詰まりは“皮脂詰まり”なのか“角栓”なのか?」という疑問を解決しましょう、第二段!“角栓”に関してです。
“角栓”をGoogleで調べてみると、“皮脂詰まり”と混同して捉えている場合が多いようです。(僕もそのうちの一人ですけど...だって見分けつかないもん!)

ここはまず、“角栓”に含まれる漢字を簡単に分析してみましょう。

皮脂詰まり

この毛穴の詰まりは“皮脂詰まり”なのか“角栓”なのか?」をエントリーした後、早速調べてみましたヨ!
皮脂詰まり”という用語は、別に医学用語でも何でもないので、毛穴に皮脂が詰まっていれば“皮脂詰まり”なんだと思います。言葉どおり過ぎて面白くないですね(汗)。
でも、より厳密に言えば、“面ぽう”とか“白ニキビ”の状態(“黒ニキビ”もかな?)を指すものだと思いますけど...どうなんでしょうね。

昨日アップした写真の状態↓↓↓

鼻の毛穴の皮脂詰まり(?)の写真

コレなんかは明らかに固形化した皮脂が毛穴にビッチリと詰まっているため“皮脂詰まり”と言えそうですね。角栓も混じってはいると思いますが。

この毛穴の詰まりは“皮脂詰まり”なのか“角栓”なのか?

鼻ニキビの写真を撮っていると気になって仕方が無い...。
というわけで、ついでに毛穴の詰まりを激写しておきました!まあ、当ブログに掲載されてある数多くの汚写真を観ていただくと、遠目にもわかるくらい詰まりまくっているのがおわかりいただけるかと思いますが...せっかくなのでアップ気味で撮影してみました!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。