TOP  

2010年01月

スキンケア後のワセリンでベトベトになった手の平の処理

本ブログでは、スキンケアに白色ワセリンを多用しています。
白色ワセリンは、コストパフォーマンスに優れているし、保護能力も高いし、ワケのわからない成分も含まれていないし、肌トラブルに悩んでいる現代人にとって隠れた逸品なのではないかと(個人的には)思っているのですが、勿論欠点もあります。
使用感が悪いということ、そして非常に悩まされるのが使用後の手のべたつき!

ティッシュペーパーで拭き取りますか?ワセリンは結構固さがありますから、ティッシュペーパーが引っ付いたりして余計に嫌な気分にさせられるかもしれませんよ?
石けんで綺麗に洗い流す?精神衛生上これが一番だと思いますが、そのためだけに寒い中洗面台に移動して冷たい水で手を洗いますか?部屋の中に洗面台があればそうしますがね~。

最もお手軽に手の平に残ったワセリンを落とす方法、それは二の腕やふくらはぎに擦り付けてしまうことなんです!
「くっだらな~!」と思うかもしれませんが、二の腕やふくらはぎというのはサラサラしていて乾燥している部分なので、手の平に残ったワセリンをよく吸着してくれます。そして、肉感が柔らかいこともポイントです。揉むようにして擦り込むと、あら不思議!いつの間にか手の平はサラサラになっています。

ワセリンを多用する“ワセラー”の皆様にオススメするTipsでした☆

スキンケアアイテム その5「白色ワセリン(大洋製薬)」

白色ワセリン(大洋製薬)

以前使用していた白色ワセリンが無くなったため、新・白色ワセリンを調達してきました。
以前の白色ワセリンは発売元が「株式会社 阪神局方」、製造販売元が「大和薬品工業 株式会社」。そして今回購入した白色ワセリンは、発売元が「大洋製薬株式会社」、製造販売元が「小堺製薬株式会社」となっています。
容量は前回の2倍の100g。値段は忘れましたが、500円~600円くらいだったような気がします。
パッケージが少しクールな(?)現代風になっています(関係ないっかw)。

2010年の目標、そして春までのスキンケアのスケジュール

年も明けてはや9日。
今年の目標を掲げたいと思います。

  1. 角質剥がれ・粉吹きの撲滅!

    実は最近、ワセリンべったりケアのおかげで角質剥がれ・粉吹きがかなり改善してきました!
    以前は洗顔した後、角質がふやけたようになってなかなか改善されなかったのですが、今はそういった症状も軽減されています。更に“ツッパリ感”も低減しています。
    しかし、まだまだ安定しているとは言い切れませんし、ニキビの多いアゴ付近はまだまだ荒れています。

  2. ニキビ半減!

    ニキビも減ってきているような気がします。しかし、季節的な要因も考えられ、油断できません。
    角質剥がれ・粉吹きが軽減し始めれば、角質の育ちも加速され、本格的なニキビ撲滅の下地も整ってくるのではないかと思います。

これぐらいかな・・・。「二兎を追うものは一兎をも得ず」でゴザイマス。あんまり多く望むのも如何なものかと思います。

そして、今年春までのスキンケア・スケジュールも立てたいと思います。
日々のスキンケアをどうするか?ではなく、長いスパンで考えたスキンケアの方策を考えてみました。