TOP  

2009年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局オリオン座流星群を見れずじまいでした

21日は22時から5回ほど外に出て観測を試みましたが、全く見ることができませんでした。
オリオン座すら確認できなかったんですが。。。
夕方のニュースでは「オリオン座流星群観測日和」の如く言っていたのに、なんか肩透かし食らっちゃいましたねぇ。
23日の未明までがピークらしいのでまだチャンスはありますが、窓からちょっと東の空を見てみると、星さえ見えない状況だったので観測するのやめましたw外寒いし。

しかし!図々しく願い事だけはしておくのです!
毛穴の目立たない肌になりますように!
にきび撲滅!
皮の粉吹き・剥がれ・ひび割れがなくなりますように!

まあ、これくらいにしといてやるかw

スポンサーサイト

2009年10月20日現在、水洗顔(朝のみ)&軽い肌断食3日目の粉吹き・角質剥がれ状況

もう21日になっちゃいましたが、昨日、10月20日は何の日だったか知ってます?
男性なら気になるア・レ!アレですよ。頭髪の日!(僕も昨日知ったばっかり!)
30代にもなれば頭髪を気にしない人はあまりいませんよね。抜け毛だけでなく白髪とかも気になります。
うれしいことに、僕はまだどちらともセーフ!(白髪はもしかしたら一本や二本は隠れているかも・・・)でも、おでこちょっとヤバイかな~w
ということで、10月20日はトーハツ・頭髪の日と覚えておきましょう。そして、その日はしっかりと頭髪チェック!
今では薬で改善したり(AGA治療って言うの?)することもあるらしいので、望みは捨てずに早期発見!育毛目指して精進しましょう。

話は変わりますが、ノヴィオさん、とうとう水洗顔始めました。ニキビ膿面日誌のほうでも宣言しています。そして、Twitterでもそれに関してぼやき始めました。まあ、朝だけですけど。夜はやはり石鹸を用いた短い洗顔で。
そして化粧水や保湿クリームも“なるべく”つけずにがんばろうと思っております。“なるべく”ですから!そこら辺はあまり無理しないようにしようと思います。軽い「肌断食」ですね。
保湿ケアとか続けてみたけど、いまいち良くなったという実感が得られないことと、ニキビの原因が化粧水や保湿クリームにあるのではないかと思ったことがきっかけ。美肌を目指して軽く脱・合成界面活性剤してみるでも書きましたが、化粧水や保湿クリームにも合成界面活性剤が使用されているケースってあると思うのですね。いやむしろ使用されていない商品を探し出すことのほうが難しいくらいかもしれない。それらが邪魔している部分があるのではないかと思ったりもして・・・(安物使ってるし)。
更に季節的に、皮脂の分泌が少なくなってきたことも関係あります。暑い日はすぐに皮脂が詰まってムズムズといや~な感じになっていたのですが、最近は涼しくなったせいか、そういう状況も幾分か改善されていますし、それによる白にきびの発生も減ってきていると感じるからです。
水洗顔・肌断食はいつか試してみたいとも思っていましたし、ちょうどイイ機会かな?と思った次第です。

そういうことで、前回2009年10月12日現在の肌状況~コードネームは“o・ha・da(汚肌)”~で行ったように、現在の肌の無様な状況をパチリ☆しておこうと思います。
軽い水洗顔&肌断食を始めて3日程度経った汚肌。勿論、化粧水や保湿クリームで整えていないので状態は最悪!病的な感じになっておりますので、見たい人だけ「続きを見る」をクリックしてくださいませ。

美肌を目指して軽く脱・合成界面活性剤してみる

最近「合成界面活性剤」についてよく調べます。
我々の身の回りは合成界面活性剤で満たされています。洗顔料、ボディーソープ、シャンプー、リンス、トリートメント、台所用洗剤、お風呂用洗剤、洗濯用洗剤、なんと歯磨き粉にまで!なんか、保湿クリームなどにも入っているらしい・・・。そして、調べれば調べるほど、人体に及ぼすデメリットに目がいってしまいます。
合成界面活性剤が皮膚の防御機能を破壊することはよく耳にしましたが、皮膚から吸収されて肝機能にまで影響を及ぼすこともあるらしいです。それはちょっと極端な話かもしれませんが、心にとめておくべきことでしょう。
勿論デメリットだけではないのです。
化学的に作り出すものなので安定して大量生産できるし、それゆえに我々は安価に手にすることができます。また、使いやすく便利!汚れを簡単に落としてくれるし、使用感も良かったりする。髪の毛を洗うのに石鹸とか使う気になれます?今更なれないでしょう。忙しい現代社会において、あの煩わしさは勘弁です。よっぽどアトピーに悩まされているとかの理由がなければなかなか難しい話です。
そこで、ノヴィオさんは、合成界面活性剤の量を減らすことにしたのです!そのポイントを少しリストアップしてみましょう。

季節の変わり目の肌状態チェック

つい最近まで異様な暑さに参っていたのに、ここ数日は夜になると毛布を持ち出したくなるほど冷え込んできました。
こういう急激な温度変化って、未熟な肌にはつらいんですよね~。夏場にせっせと育て上げた手や腕の肌の一部が乾燥の餌食となってしまっています。まあ、例年よりは幾分かマシ・・・。
なぜか、紫外線の影響をほとんど受けない太腿の内側の皮膚がダメージ高し!体質なんでしょうか?より刺激の低い石鹸に変えるべきかな?

さて、こういう季節の変わり目に行って欲しいのが肌状態チェックです。
普段から固形石鹸による洗顔を心がけている人には関係ないのですが、スキンケアに関心のある男性のほとんどが洗顔フォーム(しかもメンズの!)を用いた洗顔を行っていることでしょう。
洗顔フォームのもつ強力な界面活性能力は、水で洗い流しても皮膚にとどまり続け肌から皮脂膜や角質という保護能力を奪い去ってしまいます。
界面活性剤については、いつかこのブログでもネタにしたいと思いますが、現時点ではこの程度の知識で勘弁☆詳しくはGoogleなどで「合成界面活性剤」で検索してみると良いでしょう。驚愕の事実に接することになるでしょう。
話を元に戻しまして、その能力は肌を悪循環にはめ込みます。じわじわと肌を侵蝕していき、より能力の高いものを使用することや垢すりまがいなことを頻繁に行わないと美しさを維持できない状態にまで悪化していくでしょう(体験済みw)。まあ、少し極端な話ですけどw
暑い日は、とめどなく溢れてくる汗や皮脂によって乾燥を免れているかもしれませんが、昼夜の温度差が激しいこの時期になると気付かないうちに乾燥が進行していることがよくあります。
悪循環から逃れる機会を得るのが、季節の変わり目の肌状態チェックというわけです。

2009年10月12日現在の肌状況~コードネームは“o・ha・da(汚肌)”~

今日は魅惑の汚肌写真を三連発お届けします☆
先日、「ニキビ撲滅膿面日誌」にて毛穴ポッカリ写真を掲載しました。そのとき、携帯のカメラでも意外と汚肌っぷりを捉えてくれることがわかったので、この際なので現在の汚肌状況をバッチリ捉えておこうと思って撮影してみました。
何せ、携帯を手鏡を巧みに使っての撮影なので、納得いく写真を選別すると3枚にしかなりませんでしたね(苦)。
洗顔後・保湿ケアを行った後なので、若干肌荒れも落ち着いていて小奇麗な感じになっています(それでも汚い・・・)。
ノヴィオさんの特選汚肌写真を見てみたい方は、下の「続きを読む」をクリック♪

出勤・帰宅の際の紫外線を甘く見るべからず!

今回のエントリーは、ずばり「出勤・帰宅の際の紫外線対策をどのように行えばよいのか?」でございマス。
まず、妹の話で恐縮ですが、聞いてください。

妹は毎朝40分くらいかけて車を運転して出勤し、夕方も40分くらいかけて帰宅します。
これの意味するところ、わかります?
太陽光に対して直角に進行するため、出勤・帰宅、どちらも顔の同じ部分に紫外線が連続的に照射するのです。
ちなみに、妹は若干早く帰宅する(17時くらい)ので、春から夏にかけての季節だとまだまだ紫外線の影響下にある時間帯での帰宅となるわけです。
その結果「最近顔のコッチ側(紫外線が当たる側)だけシミが増えて困っとるんよぉ~」とのことです。
ファンデーションで紫外線はある程度ブロックしており、なおかつ下地用のUVクリームなどを塗っているであろう女性でもこのような肌トラブルに見舞われるのですよ!?
紫外線の破壊力、恐るべし!でしょ???

この話は、車移動(自転車やバイク、徒歩ならなおさら!)で片道30分以上を費やし、なおかつ太陽光に対して直角に進行している方はかなり気を留めておかなければならない話です。

角質に優しい髭剃り(シェービング)論 前半 「シェービング方法比較」

今回はちょっと長くなるのでエントリーを二つに分けました。
後半はコチラ「正しいウェットシェービングの方法」です。

まず、一般的に言われている肌の三大ダメージって何だと思います?乾燥酸化、そして紫外線です。男性には更にもう一つ重大なダメージが加わると個人的には考えています。それは、シェービング(髭剃り)による物理的なダメージです。女性も顔の無駄毛処理を行いますが、それとは比較にならないくら大きなダメージを受けていると考えたほうが良いでしょう。だって、毛の硬さ量、そして回数も違いますもん!
「シェービングすることによって古い角質を除去してスッキリと・・・」というようなことを言っているWEBサイトもありますが、「メンズスキンケア日誌」的には、冗談でしょ!?て感じです。「古かろうが新しかろうが、意図的・物理的に落とそうとするのは極力避けたい」というのが「メンズスキンケア日誌」の考えです。
エレガントな男というのは、目先の美しさを追い求めるような近視眼的なスキンケアに終始するのではなく、常に3年後、3年後、5年後、10年後も美しさを維持できるようなスキンケアを心がけるものです。
地方・愛媛の田舎の芋兄ちゃんが「エレガントな男ぉ?」プッ!みかんでも食っとけ!」て感じでしょうが、僕の場合は、肌状態がどうしようもなくボロボロだったので、そうせざるを得ないという状態なだけなんですけどね☆・・・とにかく、エレガントだろうがなかろうが、そのような意識を常にお持ちくださいませ。

まず、シェービングには2つの方法があると思います。電気シェービング(カミソリ)によるドライシェービングと、T字カミソリを用いるウェットシェービングですね。
この二つの方法の利点と欠点をあげてみましょう。

角質に優しい髭剃り(シェービング)論 後半 「正しいウェットシェービングの方法」

前半はコチラ「シェービング方法の比較」です。
まずはそちらをお読みください。
前置きが長すぎましたねw

T字カミソリによるウェットシェービングは一種の神聖な儀式として捉えてくださいね。作法があるのです。

まず、ウェットシェービングは出勤1時間前には済ませておくことが理想です。
“1時間前”というのはきちんとした理論的な裏付けがあるのではなく、理想と現実を加味して導かれた、ノヴィオ的なんちゃって理論ですw
出勤直前にあわただしく行うのではなく、出勤1時間前くらいに余裕を持って丁寧にシェービングを行おう、ということです。そうすることによってかみそり負けを低減するのです。これだけで、電気シェービング(カミソリ)によるドライシェービングによる肌負担レベルに一歩近付きます。
それと、シェービングによって荒れた肌をある程度修復・安定させる時間を与えるという意図もあります。一歩外に出ると、そこはもう紫外線の嵐。剃りたてホヤホヤの敏感な肌を紫外線にさらすのは酷なことです。
そういうことなので、眠たいでしょうが1時間前には済ませておきましょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。